予防歯科

歯周病予防

セルフケア

セルフケア

歯ブラシの他にもうひとつ!

毎日の歯磨きは、歯周病/虫歯予防に必ず必要なものです。
しかし、成人の方でも歯の隙間など歯ブラシの届かない場所は意外と磨き残しがあるものです。
歯ブラシでの歯みがきの他に、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使用し、極力歯周病菌・虫歯菌の無い口腔環境を作りましょう。

生活習慣の改善を!

歯周病菌や虫歯菌は、口腔内に残った食べ物ののかすや糖分を多く含んだ飲み物などを栄養に増殖します。
また、喫煙や過度のストレスは歯周病の症状を悪化させることが知られています。
生活習慣を見直すことで、歯周病の予防に努めましょう。

プロフェッショナルケア

【1】 検査

歯周ポケットの深さ

⇒歯周ポケットの深さチェック
”プローブ”という器具を使って歯ぐきの中の状態を調べます。

歯の動揺度検査

⇒歯の動揺度検査
調べたい歯をピンセットにはさんで動かし、そのときの動く状態によって歯周病の進行度を調べます。

出血検査

⇒出血検査
”プローブ”という器具を使って歯ぐきの出血の有無を調べます。

【2】 スケーリング

プラークや着色の除去

⇒プラークや着色の除去
大量についた歯石に振動を与えて一気に取り除きます。

歯の動揺度検査

⇒PMTC
歯ブラシだけでは落せなかった汚れを取り除きます。

手作業の器具による細かな部分の仕上

⇒手作業の器具による細かな部分の仕上
深いところや狭い部分についた歯石を手作業でていねいに取り除ききれいにします。

【3】 生活習慣の改善指導

ブラッシング指導

⇒ブラッシング方法の改善(ブラッシング指導)や生活習慣改善のアドバイスを行います。

このページのトップへ
Copyright © 2009 まゆみ歯科医院. All rights reserved.